2014年10月23日

美肌効果もあるヨーグルト

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌が、お腹の調子を整えて、便秘を解消してくれる事によって肌の状態を改善する効果やヤセ体質に必要不可欠なビタミンB2が、新陳代謝を活発にして肌のターンオーバーを促進させ、乱れた肌のバランスを元に戻す働きがあることから、キメの整った美肌へ導いてくれます。

よくヨーグルトを開けると上に汁が溜まっていることがあります。

それは「乳清」といって、その成分の中には良質な蛋白質やプラセンタが含まれており、キレイな肌には不可欠な物です。

成分が肌に近く、自然になじみ、保湿力を高めると言われているので、食べずに捨ててしまうのは非常に勿体無いです。

肌の状態が気になる方は是非ヨーグルトを積極的に取り入れてください


便秘もビフィズス菌で解決!肌も健康になるヨーグルトならプロピル!ネットで注文ならコチラへ
プロピオン酸菌ヨーグルト「プロピル」
posted by k5x9iwkwt at 18:34| Comment(0) | ヨーグルトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

ヨーグルトプチ断食の仕組み

プチ断食は初めて!という方のためにプチ断食の仕組みをご紹介します。

胃腸は通常、48時間で空っぽになります。つまり、2日間です。この2日間を使ってプチ断食をおこない、体の中に溜まった毒素を排出させます。

2日間の間は、摂取するのはヨーグルトと水だけ。ヨーグルトダイエットは、単品ダイエットの部類に入ります。単一の食べ物しか食べないダイエット法です。

単品ダイエットと言えばリンゴダイエットなどが有名。こうした単品ダイエットは、体に必要な筋肉まで落とすので、良くないとされます。

脂肪を燃焼させるのは筋肉の力です。単品ダイエットで、筋肉が衰えてしまうと、脂肪が落ちにくくなります。

絶食をして、多少は体重が減ったとしても、筋肉が落ちてしまうから、かえって太りやすい体質になります。

なので当然、リバウンドもしやすくなります。

単品ダイエットのあとはリバウンドしやすいと言われますが、これは、このような要因があるためです。 

しかしヨーグルトを使ったダイエット法は、ヨーグルトという栄養面で優れた食べ物を使うため、単品ダイエットのデメリットを回避することができます。

筋肉のもとになるタンパク質を摂取できるほか、身体に必要なビタミンやミネラルも補給できます。

ヨーグルトしか体の中に入れない、ヨーグルトプチ断食は、ダイエットしやすいだけではなく、リバウンドの心配もないのです。

そして、期間が短いのもヨーグルト断食の大きなメリット!腸内が空っぽになるのは、48時間。2日間です。

ダイエットをするのも、この2日間です。

だから、ダイエットをするのはたった2日だけ。

お休みのときに、ダイエットの開始〜完了までがすんでしまいます。

ヨーグルトには、腸内環境を改善する力もあります。ヤセやすい体質をつくるには、腸内環境を正常化させることはとても大切なこと。

腸内で悪玉菌が繁殖した状態では、太りやすくなってしまいます。だからダイエット成功には、腸内環境改善も大切な要素です。

ヨーグルトにはビフィズス菌が含まれています。ビフィズス菌は、腸内で善玉菌としてはたらきます。

善玉菌優位にしたいのなら、ヨーグルトを意識して食べたいですね。

ヨーグルトをプチ断食のときに使うのは、脳への良い影響があることにも理由が在ります。

ヨーグルトには、ある程度の咀嚼が必要とされます。これが脳に「食べた」という感覚をもたらしてくれるのです。

プチ断食をしているときには、食欲との戦いになります。そんなときに、少しでも脳に満腹感をもたらしてくれるヨーグルトを選ぶのは正解です。

空腹のストレスを和らげ、ダイエットを成功しやすくさせてくれます。 


なお、ヨーグルトプチ断食の効果をより高いものにするために、1日2L程度の炭酸水を飲むのが効果的。炭酸水には代謝を促し、発汗させてくれます。利尿作用もあるので、毒素排出にも役立ちます。

現代の食事は偏りがちです。これが太るもとになります。1か月に1回のプチ断食で、体内をリセットしましょう!

<引用元:ダイエットがわかるブログです!!!>

今注目の第3世代プロバイオティクス!
CMでもお馴染みのプロピルヨーグルト

posted by k5x9iwkwt at 18:13| Comment(0) | ヨーグルトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

ダイエットでの悩みの種 停滞期にも有効なヨーグルト

ダイエットを始める際、最初のうちは体重が減り易いですが、時期が経つにつれて少しずつ体重の減り幅は小さくなっていき、体重がまったく減らなくなるor逆に増えてしまうという時期が訪れます。

これを停滞期と呼びます。

この停滞期は絶対に本人の努力不足であるわけではありません

人間の体には「ホメオスタシス機能」という防衛機能が備えられており、体が急に栄養分を消費し始めると体は餓死の危険を避ける為に、基礎代謝や運動時のエネルギーの消費を抑え、栄養分の吸収効率を上げます。

そのため食べないで痩せるというダイエット方法では、体が栄養不足になりこの防衛機能が働きほぼ成功しません。

そういった意味でもしっかりとした栄養を取り、適度な運動を続けていくのが正しいダイエットの方法でしょう

このホメオスタシス機能は、カルシウム不足がちになると働き易くなる傾向があるそうです。

そういう意味でも低脂肪の物を選べば、ヨーグルトはダイエットの手助けになります。

ほかにも最近は低脂肪で栄養素を不足させないように作られた置き換えダイエット補助食品といった物もあるようです。

低脂肪のヨーグルト
プロピオン酸菌ヨーグルト「プロピル」
今注目の第三世代プロバイオティクス!CMでもお馴染みの「プロピルヨーグルト」
posted by k5x9iwkwt at 18:15| Comment(0) | ヨーグルトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。